ホーム » 買取 » 不要になったプラチナのアクセサリー

不要になったプラチナのアクセサリー

不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したという何とも残念なケースがままあると聞きます。
こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。

プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、色合いの似ているホワイトゴールドをプラチナの代わりに用いるようになったのです。
合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあればホワイトゴールドだという証です。
ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。
初めてで不安も多い金買取。
安心して利用する上で大事なのはまず、無数にある買取店の中から売る店を選ぶことです。
判断基準はまず買取価格の高さですが、それに加えて、手続の簡便さも重要なポイントです。
郵送なら振込の早さも大事です。
しかし、色々ある中で最も大事な条件というと、詐欺まがいの業者に引っかからないように、その店の実績や評判を確認しておくことです。
それを測る上で使えるのは利用者からの生の声です。
これは口コミやレビューの形で確認できます。
目についた中で最も口コミの良いお店を選択すれば損することはありません。
一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。
金の純度は伝統的に24分率で表現され、金の純度が100%未満であれば、18Kなどと表現します。
「18金」などと言われるのはこれですね。
この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。
金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトと様々に色合いが変わるのです。
買取店に金製品を持ち込む際に、結果を左右するのは純度というわけです。
店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、言葉巧みに、あるいは強迫的な態度で金製品の買取を申し出てくる場合があり、「訪問購入」として法規制の対象になっています。
業者の量ったグラム数や買取価格の基準が信用できなかったり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。
こうした訪問購入のケースに対しては、法改正によってクーリングオフ制度が使えるようになりましたから、買取に応じてしまった後でも、8日以内は自由にキャンセルができることを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。
買取店にとって真贋鑑定は重要です。
時として、精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。
本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。
対して、偽物を見抜く方法も色々あります。
磁石、刻印の入り方に加え、比重計があれば刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。
また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。
もう身に着けなくなり、自宅で眠っている指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属が沢山あるという方もいるでしょう。
もう使わないことが分かりきっているなら、買取ショップへの持込みを考えてみてはどうでしょう。
貴金属の買取を受け付けているショップも街頭、ネット問わず多いですから、いくらの値段が付くか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。
金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。
専門家による鑑定の費用や、買取に伴う手数料などを買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。
これらの費用を設定している店で買取してもらうと、これらが差し引かれることで、最終的に受け取る現金の額が少なくなります。
ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。
特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、事前にこのあたりを確認しておきましょう。