ホーム » 探偵 » 身辺調査・企業調査を依頼

身辺調査・企業調査を依頼

まず探偵について見てみるならば、不審に思われることを避けるよう慎重に慎重を重ねて粘り強く少しずつ情報を集めますが、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、先に自分の所属を明かしてオープンなやり方で情報を集めるようです。

そういうわけで、個人の行動を調べるには探偵が向いており、対象についての情報収集は興信所が上手いと考えることができます。
時間単位での尾行料金が設定されている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、安い料金で行うことができます。
したがって、尾行依頼を探偵にするとすれば、日常からパートナーの行動をよく知っておくことが大切です。
最も疑いのある時間帯や曜日に探偵に尾行を依頼すると、探偵にも余計な労力がかからず、どちらにもメリットがあります。
法律の中で、夫婦関係にある人が配偶者以外の異性と故意に男女の関係にいたることを不倫といいます。
すなわち、法律の上では、肉体関係を持っていない場合には、一緒に時間を過ごしていたとしても、不倫ではないのです。
個人で男女の関係を実証することは難しいかもしれませんが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。
浮気の事実関係を委託調査する際には、支払う料金が低過ぎたり、 逆に高い料金設定であったりするところではなく、料金設定が細分化されていて、事後に追加料金を支払わなくて良いような探偵社が安心安全です。
その他、関係団体に届け出ているのか事前調査が必要です。
法を逸脱した調査をしている探偵社には依頼しない方が得策です。
浮気調査の第一段階ですべき事は、本当に相手が浮気しているかの調査です。
疑問が確信に変わりきらないケースでは次の段階に進むことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。
調査により浮気が確定した場合に、次は不倫相手を調査となります。
尾行によって勤務先のパートナーの行動を確かめたり、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、不倫相手の正体を確認するのです。
たとえば携帯電話の通話履歴からも浮気の証拠がつかめますね。
理由は携帯が浮気相手に連絡する手段としてごく自然に使われるからです。
最近はメール、LINEで連絡を取ることが多くなりましたが、浮気相手の「声」を聞きたくなるのは当然のことでしょう。
ふとした時に電話している可能性は十分ありえるのです。
プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで離婚をしないという選択肢もあります。
子供がいるご夫婦の場合は特に旦那、妻の浮気が発覚したからといって離婚というものはそう簡単なものではありません。
相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。
男手一つで育てる場合にもまた同様で仕事と両立しながら上手くやっていくのは難しいでしょう。
料金体系が成功報酬制の探偵事務所は、調査に成功したケースでしか料金が発生しないという懸念があるため、成功報酬の金額が相場より高く設定されているケースが多いようです。
そのようなケースも勘案した場合、成功報酬の方が、浮気調査にかかる費用が安く抑えられるとは限りません。
調査能力がどこまであるのかなどもよく確認して、明確な料金システムを採用してる探偵事務所に依頼した方が満足できるのではないでしょうか。
浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。
実費は交通費、写真撮影にかかる費用などですが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることも少なくありません。
時間給は、人数×時間で費用が算出されます。
調査にかかる期間が短くて済めば支払いも安くすみます。
探偵による調査は高額ですから、「私が尾行すればいいんじゃない」と簡単に考えてしまう人もいるようです。
簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、いざ、自分がしてみると失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるので楽なことではないといえます。
勘付かれれば警戒をされるものなので、浮気をウヤムヤにされてしまう場合だってあります。
相手の非を認めさせるには確実な証拠がいるので、探偵を雇い、浮気調査をした方がいいでしょう。